読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知工科大学でできる100のこと 高知工科大生のブログ

高知工科大学に入ってできること、やりたいことを片っ端から紹介します。

サークル選びが大学生活を左右する!?

四月も半分が過ぎ、もう大学生活に慣れた人も出てきた頃だろうか。言っておくが大学生活は一瞬だ。あっという間に終わるからその日その日を大事に暮らすことを勧める。ホントに早いから、マジで。マジで!ww

 そんな訳で今回は大学生活には欠かせないだろうサークル選びについて紹介する。

 

 

・無数!?同好会からサークル・部活まで!

高知工科大学にはとっても多いサークルがある。厳密には同好会・サークル・部活と分かれており左から順に堅苦しくない。作り立ての団体は同好会になりそこから活動をすることによってサークルに成り上がれるのだが、これはサークルから部活も同じである。部活まで大きくなれば学校側からお金がたんまり下りるので活動が盛んになるのは当たり前のことだが、逆に考えるとそうそう気軽にできるものじゃなくなると言うことである。「まじかよ」って思った方もいるかと思うが極論なので実際はもう少しゆるいはずである。

 

サークルや同好会には入った方がいいかどうかと言う質問を頂くが私は入った方がイイとおもう。なぜかって?友達ができるから(笑)

「入りたいサークルがないよ」って人は作っちゃえばいい。大学生は主体的に動ける生き物であるので同好会から活動してみても楽しいと思う。基本的には好きなサークルに入ればいいが「そんなものない!」という人にはオススメを下にまとめてみたので見て欲しい。

 

筆者オススメのサークル5選(部活も同好会も含)

よさこい

KPAD

日曜市活性化プロジェクト

弓道

ダンス同好会

 

まずは何と言ってもよさこいだろう。私が1番勧めるサークルでありちょー楽しい。

よさこいとは高知県のお祭りのひとつで商店街や大通りを踊りながら大行進するという内容だ。大爆音のなかを踊って歌う3日間は絶対に一生の思い出になるので一度は体験するといい。ちなみにお祭りといったがよさこいは全国で唯一の祭神がいないお祭りだ。まさに人の人による人のための祭りなのである。

 

次はKPAD。この団体は大規模な防災関連のボランティア団体で代表がとってもいい人。団体システムもみんなが納得するようなものとなっているから入ってみて損はないと思う。ボランティアというところにも注目したい。将来のことを考えると就職とかいろんなところで活躍してくれるサークルだろう。自分のステータスを磨く上でボランティア活動に励むのも有意義な大学生活を送るための要素になるはずだ。

 

古豪復活!やや勢力が落ちていて廃止の危機に面していたものの最近になって勢いを取り戻した団体である。高知県の日曜市という東南アジアの露店を思わせるようなバザーを盛り上げようという団体で結構珍しいらしいwこの日曜市活性化プロジェクトもまた高知工科大学生だからできる活動である。1度説明会に参加してみてはどうだろう。

 

弓道部は何と言っても強い!カッコいい!高校時代に日本一になった奴がウジャウジャいるこの部活はあらゆる大会で好成績を残しているはずだ。そんな部活に入って心身の鍛錬に勤しむのもまた一興。まあ何と言っても弓矢が使えるようになるところが最大のメリットだよね。かっこいいし。

 

はいきました、ダンス同好会。考えてみてください、ダンスを華麗に踊っている自分の姿を。かっこいいですよねーエクササイズにもちょうどいいですし何よりモテます(笑)LMFAOとかChingyとかみたいにかっこよくダンス踊れるようになりたいアナタ。ぜひ高知工科大学ダンス同好会に足を運んでみてください。

 

それではまた。